HOME  > 治療について  > しっかり治療計画

  • 治療について
  • 治療の流れ
  • 安心カウンセリング
  • しっかり治療計画
  • 矯正専門だからこそ
  • 器具をより安全清潔に
  • いろいろな矯正治療
  • いろいろな矯正装置
  • 目立たない矯正装置
  • 透明なマウスピース治療
  • 最新ブラケット治療
  • インプラント矯正
  • プロによる口腔ケア
  • 患者さんの体験談「スマイルトーク」
  • 立体(3D)で診断 CTを導入
  • スタッフ紹介
  • 歯並びcheck!あなたはどのタイプ?
  • 最新 洗浄・滅菌システム導入

しっかり治療計画

精密な検査 正確な分析 正しい診断

三宅矯正歯科クリニックでは矯正治療を開始するにあたり、歯並びを治していくための治療計画をたてます。
まずは治療に必要な精密な検査を行い、その結果をしっかり分析し、診断をして治療方針を決定します。
そしてそれに沿って必要な装置や期間、費用などが決まると、適切な治療計画ができあがります。

検査

・マウント模型
・顔面写真
・各種レントゲン写真(顔面、口腔内、手根骨、あごの関節など)
・筋電図 
・CT
などから、それぞれの患者さんに必要な検査を行います。

CT(X線CT診断装置)
3D画像で診断 CTを導入しました。
三宅矯正歯科クリニックでは、CT(X線CT診断装置)を導入しました。
CTとはレントゲン写真と同じように、エックス線により骨など体の内部を写し出す装置です。
普通のレントゲン写真は平面(2D)であるのに対して、CT画像は立体(3D)で観ることができるようになりました。
また写した部位を輪切りにした断面の画像をみることもできます。

わかりやすい3D画像
患者さんにとってとても分かりやすい画像をお見せできます。
正確な画像、正確な診断
正確な骨や歯の形や位置関係が分かるのでより正しい診断、治療計画が立案できます。
歯が植わっているあごの骨の状態や、これから生えてくる歯・なかなか生えてこない歯なども正確にとらえることができるのです。
安全性、確実性
一度撮った画像で、様々な方向から見た画像を得ることができ、骨や歯の形や位置関係も正確にわかるため、何度も撮る必要がなく、患者さんにとっても安全性、確実性に優れています。
その場ですぐに見られる
CTを撮るためだけに、わざわざ大きな病院へ行かなくても良く、すぐにその場で画像を見ることができます。

歯科用のCTは、医科用のものに比べて被ばく量も少なく(およそ1/8)、撮影時間も短いのが特長です。普通のレントゲンと同じように立ったまま撮影します(横になっていただく必要はありません)

分析

精密検査により得られた資料は 診断システムにより数値化し、データ化します。
シュミレーションも可能です。

矯正治療の基本―セファロ分析
セファロって何?
頭(顔)のレントゲン写真を定められた規格(条件)のもとで撮影します。
何度撮っても同じレントゲン写真がとれる仕組みです。
このレントゲン写真をセファロ(頭部X線規格写真=セファログラム)といいます。

いつも同じ写真がとれるということは

 ・世の中の平均値をもとにきちんと分析、
  診断ができる。
 ・あごの大きさ、ズレ、歯の傾斜、口もとの
  バランスなど・・様々な情報がわかる。
 ・治療前と治療中の状態をくらべることが
  できる。

セファロは矯正治療をするにあたって、もっとも基本的で、大切な資料の一つといえます。

診断

これらをもとに 治療計画を立てます。
必要応じて口腔外科医や、一般歯科医とも打ち合わせをします。

診断時には、患者さん、患者さんのご家族にどれくらい通院するのか?
どんな装置を使うか、その装置にどんな意味があるかハミガキがいかに大切であるか・・・など
これらの計画を説明し、治療開始に同意していただいた上で治療スタートとなります。
この時点でもわからないことがあれば、どうぞお尋ねください。

次はどのページを見ますか?

患者さんの体験談「スマイルトーク」

ホーム

ページtopへ