HOME  > あなたはどのタイプ?

あなたはどのタイプ?

  • すべて
  • 出っ歯
  • 受け口
  • 八重歯
  • すきっ歯
  • 開咬
  • 過蓋咬合
  • 交叉咬合

上顎前突 (出っ歯)

上の前歯や上あごが前へ突き出ている状態。
ときには下あごが上あごに比べて小さくて引っこんでいることも。
日本人に多いのはこのタイプ。

当院の治療事例
※画像クリックで拡大します。

治療前
治療後

反対咬合 (受け口)

下の前歯が上の前歯より出ているかみあわせ。横顔をチェックすると下あごが前方に突き出ている場合も。

当院の治療事例
※画像クリックで拡大します。

治療前
治療後

叢生 (乱ぐい歯・八重歯)

歯がデコボコに生えている状態。
八重歯は乱ぐい歯で、犬歯がとびだしている状態。
その両方をともなうケースも多い。

当院の治療事例
※画像クリックで拡大します。

治療前
治療後

正中離開 (すきっ歯)

歯と歯のあいだにすき間がある状態(空隙歯列)で、特に上の左右の前歯に間が開いているものを正中離開という。
乳歯のころはすき間があるのは普通ですが、永久歯でもすきっ歯ならばその原因を調べてみるのがよいでしょう。
その理由として歯が小さかったり、歯の数が足りなかったり、余分な歯が歯と歯の間に埋もれていることだってあるのです。

当院の治療事例
※画像クリックで拡大します。

治療前
治療後

開咬

奥歯を咬み合わせた際に、上下の前歯が咬み合わず開いた状態になる歯並び。
前歯でものが咬みきれない、無意識のうちに口をポカンと開けてしまう・・・
などがこのケースでよく見られます。

当院の治療事例
※画像クリックで拡大します。

治療前
治療後

過蓋咬合

上の前歯が下の前歯に深くかぶさっている状態。
下の前歯が上の歯にかくれて見えないこともあります。
下の歯が上あごの裏側にあたってしまい、その部分の歯肉は腫れることもあります。

当院の治療事例
※画像クリックで拡大します。

治療前
治療後

交叉咬合

咬み合わせが左右にずれている歯並びで、あごや顔が左右対称でないケースも見られます。
奥歯でものを強くかんだり、歯をくいしばったりすることができないこともあります。
噛み合わせの状態によっては手術が必要になることもあります。

当院の治療事例
※画像クリックで拡大します。

治療前
治療後

当院の治療事例(手術が必要な場合)
※画像クリックで拡大します。

治療前
治療後
  • あなたはどのタイプ?
  • 患者さんの体験談「スマイルトーク」
  • 立体(3D)で診断 CTを導入
  • スタッフ紹介
  • 最新 洗浄・滅菌システム導入

次はどのページを見ますか?

患者さんの体験談「スマイルトーク」

ホーム

ページtopへ